もうひとつのワールドカップ2018、とうとうその時が。

2018年08月04日

http://jffid.com/post-5095-5095.html

知的障がい者サッカー日本代表が、スエーデンに到着し、試合を目前に控えています。

どっきどきです。

日本代表チームには、奈良クラブバモスから二人の選手が選ばれています。奈良クラブバモスの監督であり、日本代表チームのコーチでもある嶋翔平さんのことは、さとびごころ30号(2017summer)でも紹介しました。

このとき、嶋監督は養護学校の先生。サッカー部の監督でもあり、奈良クラブバモスの監督でもありました。今年から嶋監督は奈良クラブに転職され、奈良クラブの仕事と、奈良クラブバモスの監督、日本代表コーチという多忙な日々を過ごされているようです。

http://satobigokoro.org/archives/630


この記事が出てから1年。

とうとうその時が来たのですね。

もうひとつ宣伝させてください。
チームの一人に、夫の職場である「ぷろぼの食堂」で働くマルちゃんこと、丸山一喜選手がいます。食堂はわたしもしょっちゅう利用しており、マルちゃんを見かけるといつも笑顔であいさつを交わしています。なんでも素直に聞き入れ、仕事をどんどん覚えて熱心に働いているマルちゃんの姿は、いつも清々しい。仕事と練習と、自主トレーニング。ストイックに取り組んでいます。えらい。

奈良クラブバモスではキャプテンを務めているマルちゃん。試合の応援にいくと、もう一人の日本代表徳村くん(ちなみに日本代表のキャプテンです)と共に、群を抜いたプレーでチームをひっぱっています。プレーだけでなく、礼儀や協力など、こちらが尊敬したくなるような選手なのです。

夫は、部下が日本代表として活躍することを喜び、毎日「試合の動画がアップされないかな〜」とつぶやいています(笑)

知的障がい者サッカーについては、こちら
http://jffid.com/

嶋監督が現役時代に、知的障がい者サッカーを知るきっかけとなった映画「プライドインブルー」については こちら
s://www.youtube.com/watch?v=_N-jwp3czQI

後日談

日本代表はサウジアラビアに惜しくもやぶれ、決勝リーグには進めず、5位をめざすことに。

Next »