奈良のローカル&スモールなマガジン「さとびごころ」を編集発行するマイクロ編集工房です。

2020年08月19日

奈良でローカルマガジンを発行している小さな編集工房の代表が
あまり仕事とは関係ない話ばかり、日々のことを綴っています。

 

地球環境の危機、有害な化学物質の問題、放射能、地方の疲弊や縮小、高齢化、、、。
いつの時代にもその時代ならではの課題がありますが
もしも食べるものと住むところがあれば、そして人が争わずにつながっていければ
きっとなんとかなるのではないかと思うのです。

 

ここは日本。世界にまれにみる森の国。水の国。豊かな土壌の国です。
水と緑と土があれば、生きられる。
食べるものも、素材も、自然さえあれば産みだせるからです。
あとは、それを安全に保持していけるか。そして、どれだけ心豊かに暮らしていけるか。

 

縄文時代から考えると、そもそもわたしたちは、いつも自然と調和して生きてきました。
その調和がくずれはじめたのは、長く見てもここ100年くらい
はっきりと見え始めたのはここ50年くらいの間のことです。
自然は厳しい面もあります。それに対処するのも人間にとっては死活問題でした。
科学技術の発達によって、自然の厳しさ、不便さを克服し
あたかも自然をコントロールできるかのように
人々は思うようになっていきました。自然にかなうわけがないのですが。

 

自然から離れ、便利に進化した場所は都会です。
かつては、都会だけが素晴らしい場所だと思われてきました。
たしかに都会には、都会らしい先進的な文化や大きな市場がありますが、
その反面、孤立や格差が広がり、お金がなければ幸せが遠のくような不安も感じます。
地方は、都会のようになろうとするのではなく
すでにある素晴らしさを大事にすることで、都会の人を癒すことさえ
できるかもしれません。
これからは、失いかけた素晴らしいものの良さをもう一度みつめ、
時代に合わせて社会に調和させていくことが
幸せな暮らしづくりのコツではないかと考えています。

 

何を手放し、何を求め、何をつくりだし、何を残していきましょうか。
思いは態度や行動につながっていき、やがて地域をつくります。
自然がいつまでも生き生きと美しくありますように。
人々が思いやりをもって共存していけますように。
そんな思いを、日々の暮らしの中に、小さくとも反映していけたら。

人生にはいつか終わりがあることを意識する年代になり、
ひとつひとつがかけがえなく感じられる中で
ささやかな毎日を身の丈いっぱいに楽しみたい。

そう思いながら綴ります。
友達からの便り、、、くらいのつもりで
おつき合いいただけましたら幸いです。

あなんセイコ

 

編集発行している雑誌のHPはこちら
雑誌のブログはこちら
雑誌のFBページはこちら

 

1999 オフィスエルインクとして活動準備開始
2006  オフィスエルインクとして活動開始
2010  さとびごころ創刊に参与(編集委員・編集レイアウト)
2015  さとびごころ編集担当
2018  さとびごころ編集発行移管(全ページ企画編集デザイン運営発行)
2021  リニューアル予定

朝が気持ちよかったという気持ちを残したいだけ

2020年10月27日

朝が冷えるようになってきて、起きるのが少し遅くなってきた。午前6時に外が白みはじめる。
6時半には畑に着くようにしていたけれど、秋になってからは7時前後にずれるようになった。

今日は快晴。

市街地のはずれにある自宅は、車通りも少なく、田んぼもかろうじて残っている地域だけど
それでも、畑に立ったときの緑と土の香りのする風を吸ったときの清々しさは比べ物にならない。
車で10分ほど移動するだけで、空気の味が変わる。畑はすごい場所だ。

このひとときのためだけでも、畑を借りられて(事実上は、使わせていただいているだけ)良かったと思う。

バッタが嬉しそうに飛び回る。どうやら、葉物野菜をむしゃむしゃ食べているのは彼ららしい。
こちらも対策しないわけにはいかないけれれど、ぴょーん!と目の前に現れてきて、
なんの警戒心も感じられらない姿を見ていると、
とにかくうちのを食べつくさないでくれたら、あなたを駆除しようなんて思っていないから
よろしくお願いね、と頼むしかない。

スコップで土をほじくるだけで、ミミズが眠そうに現れて、あわてて土の中へ戻ろうとする。

ミントはあいかわらず威勢よくはびこって、わたしにとっては美しい景観を作る(人によっては憎らしいのかもしれないけど)。

台風で倒れたマリーゴールドは、倒れたまま頭だけを持ち上げて蕾を膨らませている。
もうしばらく花を楽しめそうだ。コンパニオンプランツとして大活躍。

毎日、昨日よりも少し変化した姿を見せてくれる野菜たち。
植えたばかりの玉ねぎの苗は、しなっと横たわっているように見えるけど、新しい葉がわずかに伸び始めた。
レタスはあきらかに幅をきかせるようになってきた。
青梗菜はレースのように虫食いだらけだけど、犯人をピンセットで駆除している。

大根は、育っているものと、虫に負けたものがある。育ったものは、土から少し頭を見せてくれるようになった。12月までにどれだけ太くなってくれるのかな。
大根の近くにコンパニオンとして植えた人参も、大小あるけども、一部は人参らしい葉っぱを茂らせている。間引きした苗は、避難スペースに移植した。収穫できなくてもいいので、生きられるだけ生きてほしいと思う。
じゃがいもも生育に差があるけれど、茎も葉も立派になってきた。
ネギはいつでも持ち帰ることができる。もうネギは買わなくてよくなった。(冬になったらさすがに枯れるのかな)
ポットに植えたそら豆は少しふやけてきた。定植の日までここで育てる。
なぜか枯れずに乗っているトマトが、寒そうに青い実を実らせている。赤くするには、防寒してやるといいらしい。
しそはタネを結んで、溢れるのを待っている。

えだ豆きゅうりバジルが終わっていった。

去年までは想像もしていなかった未来イメージがうっすらと浮かぶようになった。
夫である通称隊長が、思いのほか、畑カツを楽しんでくれるようになったことが大きい。
自分ひとりだけ夢みていてもしょうがないことだったのだが、
この調子なら、いつかは現実味をおびるかもしれない。もっと畑に近い暮らし(現状、庭のないマンション暮らし)。

草木染めにいいというセイタカアワダチソウ。薬草でもある。

その日が来るとしたら、今はそのためのトレーニングにあたる。
どんな街がいいのか。どんな家がいいのか。全くわからない。
ただ、家から遠くない場所で畑が借りられたらなあ。
今日のような日は、そう思う。

Next »