奈良のローカル&スモールなマガジン「さとびごころ」を編集発行するマイクロ編集工房です。

2020年08月19日

奈良でローカルマガジンを発行している小さな編集工房の代表が
あまり仕事とは関係ない話ばかり、日々のことを綴っています。

 

地球環境の危機、有害な化学物質の問題、放射能、地方の疲弊や縮小、高齢化、、、。
いつの時代にもその時代ならではの課題がありますが
もしも食べるものと住むところがあれば、そして人が争わずにつながっていければ
きっとなんとかなるのではないかと思うのです。

 

ここは日本。世界にまれにみる森の国。水の国。豊かな土壌の国です。
水と緑と土があれば、生きられる。
食べるものも、素材も、自然さえあれば産みだせるからです。
あとは、それを安全に保持していけるか。そして、どれだけ心豊かに暮らしていけるか。

 

縄文時代から考えると、そもそもわたしたちは、いつも自然と調和して生きてきました。
その調和がくずれはじめたのは、長く見てもここ100年くらい
はっきりと見え始めたのはここ50年くらいの間のことです。
自然は厳しい面もあります。それに対処するのも人間にとっては死活問題でした。
科学技術の発達によって、自然の厳しさ、不便さを克服し
あたかも自然をコントロールできるかのように
人々は思うようになっていきました。自然にかなうわけがないのですが。

 

自然から離れ、便利に進化した場所は都会です。
かつては、都会だけが素晴らしい場所だと思われてきました。
たしかに都会には、都会らしい先進的な文化や大きな市場がありますが、
その反面、孤立や格差が広がり、何事もお金と引き換えで、
それを失えばたちまち幸せが遠のくような不安も感じます。
地方は、都会のようになろうとするのではなく
すでにある素晴らしさを大事にすることで、都会の人を癒すことさえ
できるかもしれません。
これからは、失いかけた素晴らしいものの良さをもう一度みつめ、
時代に合わせて社会に調和させていくことが
幸せな暮らしづくりのコツではないかと考えています。

 

何を手放し、何を求め、何をつくりだし、何を残していきましょうか。
思いは態度や行動につながっていき、やがて地域をつくります。
自然がいつまでも生き生きと美しくありますように。
人々が思いやりをもって共存していけますように。
そんな思いを、日々の暮らしの中に、小さくとも反映していけたら。

人生にはいつか終わりがあることを意識する年代になり、
ひとつひとつがかけがえなく感じられる中で
ささやかな毎日を身の丈いっぱいに楽しみたい。

そう思いながら綴ります。
友達からの便り、、、くらいのつもりで
おつき合いいただけましたら幸いです。

あなんセイコ

 

編集発行している雑誌のHPはこちら
雑誌のブログはこちら
雑誌のFBページはこちら

 

1999 オフィスエルインクとして活動準備開始
2006  オフィスエルインクとして活動開始(ローカルな企画編集・DTP・取材執筆)
2010  さとびごころ創刊に参与(編集委員・編集レイアウト エルインクとしても並行して活動)
2015  さとびごころ編集担当(カラー化・ロゴリニューアル・全ページに関わる)
2018  さとびごころ編集発行移管(全企画編集デザイン運営発行)
2021  さとびごころHPリニューアル予定

お問い合わせ、ご連絡は「CONTACT」(このページ上右端)をクリックしてくださいませ。
TEL 0742-94-6699

縄文系と弥生系。なぜ今縄文なのか。

2021年08月02日

偶然にネットで見かけたもの。

縄文系と弥生系の対比

縄文系    弥生系

女性中心   男性中心
普遍性    正統性
農耕     商工
利他     利己
安心     心配
明朗     思考
愛和     対立
善働     労働
思いやり   自我
感謝     当たり前
共生     我欲

こうしてみると、弥生系からクレームが来そうなくらい、縄文のほうがよさそうな印象です。
わたしなら縄文系がいい、そう思う。そして多くの人から「そんなの無理。口だけ」と言われそう。

弥生系が悪いとは言えないはずです。ここ数千年はこのようにして、「発展」することを
人々は選んだということですから。

ですけど、少々疲れが見え始めました。

わざわざ「縄文」「弥生」と名付ける必要はないかもしれませんが、
調べてみるとたしかに、縄文の文化には、このような特徴があります。
このようであったとしか思えないような痕跡があるのです。
(何冊かの本や資料を読んできたところでは)

ですから、あえて縄文というキーワードを使い、
それが内包していることを意味したいのであります。

人は一人で生きていくことは不可能で、必ず誰かと関わらざるをえません。
そこに社会が生まれます。

歴史の教科書でいうと、
社会の始まりは、誰が支配者だったのか?からの始まり(弥生時代以降)と、教えてはいませんか。
それ以前に(縄文時代に)利他の社会が存在したことは、あまり熱心に教えません。
ですから自分で調べましょう。
日本では、16000年前から、いやもしかしたら旧石器時代からさえも
思いやりのある社会が続いていたと考えられます。

支配よりもお互い様
統治者よりもリーダー

そんな社会が可能だったのには、大きな前提が必要です。

食べられること。

なぜ食べられたのですか?じっとしていても植物が育つ、この国の風土があったからでした。
今、壊れつつあるのは風土です。

気候変動と言ってしまうと、なすすべがないように思えてしまいます。
その前に、できることがあります。
今ある自然を、より豊かにしていくこと。
自然は人間が協力さえすれば、ものすごい復元力があるはずです。
(日本で最初にダムを撤去した球磨川の例があります。洪水でめちゃくちゃになりましたが、、、)
農林業を守り、「食べることはできる」「生きることはできる」状態を確実にすること。

それさえあれば、あとは能力のある人たちが
おのずとアイデアを出して行動し始めます。
みんながそれに協力すればいい。

それでもまだ「利己」だ「対立」だ「我欲」だという路線が正統的だと思う人たちがいるのなら
争わずに棲み分けるしかないのではないでしょうか。
支配者になりたがる人のもとに、誰も集まらなかったらどうなるんでしょうね。

わたしは、誰かに権力を振るうことに悦びを感じるような人でありたくない。
わたしは、リーダーにもフォロワーにもなれる人でありたい。
わたしは、苦しいことがあったとしても、楽しく、喜びながら生きていきたい。

縄文時代にヒントがあると思えてならず、これからも、もっと調べ続けようと思います。
(って、書いとこ。後回しにしているほど、人生は残っていないから)
遺跡の分析など、学者さんの専門領域へ進みたいのではないんです。
どんな哲学があったのか。それを成り立たせていた背景は何か。
現代や未来に活かせるとしたら、何か。
先人の研究から学びとりたい。せめてそれくらいはしたい。
誰かに わかりやすく面白く、お話しできるようになれることを目指して。

考えかたは縄文時代を応用し、技術は21世紀のものを応用する。
そしたら、進みたくなくる未来の方向が見えそうなんです。

Next »