奈良のローカル&スモールなマガジン「さとびごころ」を編集発行するマイクロ編集工房です。

2020年08月19日

奈良でローカルマガジンを発行している小さな編集工房の代表が
あまり仕事とは関係ない話ばかり、日々のことを綴っています。

 

地球環境の危機、有害な化学物質の問題、放射能、地方の疲弊や縮小、高齢化、、、。
いつの時代にもその時代ならではの課題がありますが
もしも食べるものと住むところがあれば、そして人が争わずにつながっていければ
きっとなんとかなるのではないかと思うのです。

 

ここは日本。世界にまれにみる森の国。水の国。豊かな土壌の国です。
水と緑と土があれば、生きられる。
食べるものも、素材も、自然さえあれば産みだせるからです。
あとは、それを安全に保持していけるか。そして、どれだけ心豊かに暮らしていけるか。

 

縄文時代から考えると、そもそもわたしたちは、いつも自然と調和して生きてきました。
その調和がくずれはじめたのは、長く見てもここ100年くらい
はっきりと見え始めたのはここ50年くらいの間のことです。
自然は厳しい面もあります。それに対処するのも人間にとっては死活問題でした。
科学技術の発達によって、自然の厳しさ、不便さを克服し
あたかも自然をコントロールできるかのように
人々は思うようになっていきました。自然にかなうわけがないのですが。

 

自然から離れ、便利に進化した場所は都会です。
かつては、都会だけが素晴らしい場所だと思われてきました。
たしかに都会には、都会らしい先進的な文化や大きな市場がありますが、
その反面、孤立や格差が広がり、お金がなければ幸せが遠のくような不安も感じます。
地方は、都会のようになろうとするのではなく
すでにある素晴らしさを大事にすることで、都会の人を癒すことさえ
できるかもしれません。
これからは、失いかけた素晴らしいものの良さをもう一度みつめ、
時代に合わせて社会に調和させていくことが
幸せな暮らしづくりのコツではないかと考えています。

 

何を手放し、何を求め、何をつくりだし、何を残していきましょうか。
思いは態度や行動につながっていき、やがて地域をつくります。
自然がいつまでも生き生きと美しくありますように。
人々が思いやりをもって共存していけますように。
そんな思いを、日々の暮らしの中に、小さくとも反映していけたら。

人生にはいつか終わりがあることを意識する年代になり、
ひとつひとつがかけがえなく感じられる中で
ささやかな毎日を身の丈いっぱいに楽しみたい。

そう思いながら綴ります。
友達からの便り、、、くらいのつもりで
おつき合いいただけましたら幸いです。

あなんセイコ

 

編集発行している雑誌のHPはこちら
雑誌のブログはこちら
雑誌のFBページはこちら

 

1999 オフィスエルインクとして活動準備開始
2006  オフィスエルインクとして活動開始
2010  さとびごころ創刊に参与(編集委員・編集レイアウト)
2015  さとびごころ編集担当
2018  さとびごころ編集発行移管(全ページ企画編集デザイン運営発行)
2021  リニューアル予定

二日ぶりに畑活再開。コメリや農業屋へ行くとわくわくする症状が現れる。

2020年09月20日

昨日、一昨日と畑を休みました。

 

一昨日は朝から取材の予定があり、畑活の時間がとれなかったため。
昨日は隊長が念願の釣りに出かけており不在だったため。

 

釣果は、ボウズを免れたようです。
0919つれた魚

そして本日、二日ぶりに畑活をしたので報告。

 

きゅうりの支柱
縦だけでなく、横にも支柱を渡して、補強。これで少々の風にも倒れなくなる予定。
1本目の苗は、芽かきしなかったので縦横につるがのびて、上にはなかなか登ってこない。
2本目の苗は、芽かきしているけど、まだ成長が遅い。

大根の間引き
種は5粒ずつ蒔きましたが、揃って発芽したものは半分くらい。1つしか芽生えなかったものもある。
本葉が出てきたので、葉のきれいなものを3本残して間引き。間引き菜が少々収穫できました。

0920大根間引き

 

じゃがいもを植えた畝
小さな雑草がごまをまぶしたように芽生えていました。やはり、雑草に栄養を取られるのはよくないそうです。
そこで表面の土を掻くようにして、雑草の根を切るように土をならします。
土の表面に空気が含まれるので、一石二鳥の効果があるそうです。

そうなんです。植物の根には空気が必要。水耕栽培にチャレンジしたとき、根が完全に水につからないように注意せよ、とありました。
根も呼吸しているし、土も呼吸している。命のあるものは、とにかく全部呼吸をしているのですよね。人間にとっても、呼吸は基本中の基本レベルで重要で、深呼吸は健康に良いし。あまりにも無意識に行っている呼吸を、意識してみるといいですよね。話がそれました。まだ全然芽生えていないじゃがいもですが、少しは空気を感じてくれたかしら。

0920じゃがいも雑草かき

 

ぽつぽつと雨が降ってきたので、終了です。

3日前にまいた小松菜とほうれん草の種はまだじっとしているようでした。この頃雨が降るので、水やりしなくても大丈夫。
よく見ると、発芽の早い小松菜のほうは、ひとつ、ふたつ、、、発芽してます。双葉が見える日を楽しみに待ちましょう。
小松菜やほうれん草は、ソテーにして食べるつもり。葉物野菜の嫌いな隊長も、畑でできたものは美味しいと言います。食べてくれるかな。

畑カフェしたいわ
この先秋が深まり、昼間外で過ごすのが気持ちよくなってきたら畑カフェをするつもりなんです。友人を招いて、畑の空きスペースにテーブルや椅子を置き、この畑で収穫したさつまいもを焼き芋にしたり、そのとき収穫できたものを使って簡単なアウトドアクッキングをしましょう。(キャンプ道具は全部寄付したから、何も残っていないけど、あるものを使ってなんとかしよう)

今はそれが楽しみです。

コメリや農業屋が好きになってきた 

今日は、仕事のあいまに農業屋へいって、買い物の予定。何を買うんだっけ?

そうそう、大根の葉が虫に食べられないように、不織布をかけてあげるため、材料を買いにいきます。
これから涼しくなっていくので、虫も減るらしいのですが、幼い大根を守ってあげなくてはなりません。
(もしくは、農薬を使うか?です。苗が幼い時期に、適量の農薬を使うことはアリだと考えていますが、わたしたちは無農薬の方法を選びました。)

そして、これ、畑活をしてみて初めて知ったことですが、玉ねぎの苗は予約しないといけないんですよね。
それを知ってからコメリにいくと、ちゃんと「玉ねぎの苗予約受付中」のPOPが掲げられていました。
意識していないときは目に入らないものです。面白いですね。世界が変わってみえるようになっているのです。
畑活をするまでは、「これ、何に使うんだろう?」と思っていたものたちの意味が少しずつわかるようになってきました。また、農地がたくさんある地域のコメリのほうが品揃えが豊富なんだとわかりました。最近は、コメリや農業屋の前を通るたびに、寄り道したくなる気持ちにかられます(笑)。

玉ねぎを育てることができたら、わたしたちが「野菜三種の神器」と呼ぶ、じゃがいも、にんじん、玉ネギが揃うことになります。
にんじんが無事に収穫できるかが一番あぶなっかしいですが、挑戦はできました。これさえあれば、なんとかなる。とくに、じゃがいもと玉ねぎは長期間保管が可能なので、一度作ればしばらくは食べていけます。じゃがいもも、玉ねぎも、半年に1回収穫できるので、半年分を作るのがセオリーらしいのですが、そんなに作れるのかなあ。今年は、作れただけで満足です。

師匠から教わりながら、今何を植えたらいいのか、どんな手入れが必要なのか、リアルタイム&マンツーマンで教えてもらえるので
なんとか続けていられます。わたしたちもいつかは、「初めての畑活」したい人たちに、師匠からしていただいたことを恩送りできたらいいなあと思います。
(師匠のような達人にはなれそうにないのですけど?)

Next »