奈良のローカル&スモールなマガジン「さとびごころ」を編集発行するマイクロ編集工房です。

2020年08月19日

奈良でローカルマガジンを発行している小さな編集工房の代表が
あまり仕事とは関係ない話ばかり、日々のことを綴っています。

 

地球環境の危機、有害な化学物質の問題、放射能、地方の疲弊や縮小、高齢化、、、。
いつの時代にもその時代ならではの課題がありますが
もしも食べるものと住むところがあれば、そして人が争わずにつながっていければ
きっとなんとかなるのではないかと思うのです。

 

ここは日本。世界にまれにみる森の国。水の国。豊かな土壌の国です。
水と緑と土があれば、生きられる。
食べるものも、素材も、自然さえあれば産みだせるからです。
あとは、それを安全に保持していけるか。そして、どれだけ心豊かに暮らしていけるか。

 

縄文時代から考えると、そもそもわたしたちは、いつも自然と調和して生きてきました。
その調和がくずれはじめたのは、長く見てもここ100年くらい
はっきりと見え始めたのはここ50年くらいの間のことです。
自然は厳しい面もあります。それに対処するのも人間にとっては死活問題でした。
科学技術の発達によって、自然の厳しさ、不便さを克服し
あたかも自然をコントロールできるかのように
人々は思うようになっていきました。自然にかなうわけがないのですが。

 

自然から離れ、便利に進化した場所は都会です。
かつては、都会だけが素晴らしい場所だと思われてきました。
たしかに都会には、都会らしい先進的な文化や大きな市場がありますが、
その反面、孤立や格差が広がり、何事もお金と引き換えで、
それを失えばたちまち幸せが遠のくような不安も感じます。
地方は、都会のようになろうとするのではなく
すでにある素晴らしさを大事にすることで、都会の人を癒すことさえ
できるかもしれません。
これからは、失いかけた素晴らしいものの良さをもう一度みつめ、
時代に合わせて社会に調和させていくことが
幸せな暮らしづくりのコツではないかと考えています。

 

何を手放し、何を求め、何をつくりだし、何を残していきましょうか。
思いは態度や行動につながっていき、やがて地域をつくります。
自然がいつまでも生き生きと美しくありますように。
人々が思いやりをもって共存していけますように。
そんな思いを、日々の暮らしの中に、小さくとも反映していけたら。

人生にはいつか終わりがあることを意識する年代になり、
ひとつひとつがかけがえなく感じられる中で
ささやかな毎日を身の丈いっぱいに楽しみたい。

そう思いながら綴ります。
友達からの便り、、、くらいのつもりで
おつき合いいただけましたら幸いです。

あなんセイコ

 

編集発行している雑誌のHPはこちら
雑誌のブログはこちら
雑誌のFBページはこちら

 

1999 オフィスエルインクとして活動準備開始
2006  オフィスエルインクとして活動開始(ローカルな企画編集・DTP・取材執筆)
2010  さとびごころ創刊に参与(編集委員・編集レイアウト エルインクとしても並行して活動)
2015  さとびごころ編集担当(カラー化・ロゴリニューアル・全ページに関わる)
2018  さとびごころ編集発行移管(全企画編集デザイン運営発行)
2021  さとびごころHPリニューアル予定

お問い合わせ、ご連絡は「CONTACT」(このページ上右端)をクリックしてくださいませ。
TEL 0742-94-6699

9月になりました。セーフ。

2021年09月01日

暑い、暑いと思っていた8月。
そして、今日からは9月。畑も秋の準備に入っています。
恒例の1日投稿です。

今、風の時代と言われているそうです。

西洋占星術などの界隈で、昨年あたりからよく聞かれる「風の時代」。
なんでも200年に一度のパラダイムシフトなのだとか。

わたしなんて、子供のころノスタラダムスの予言に怯えたものですが
なにごともなく、人類は滅亡しませんでしたので、
このような「何々が起こる」という話に対しては冷静です。
起こるんじゃなくて、起こすものなのでは、と。

それは、いいとして。

風の時代だからかどうかはわからないとしても、「こうなる」と言われている内容が、
ほんとうにそうなったらいいな、そういうふうにしていきたいな、
というものでした。

ネットから拝借した画像です。

不思議なもので、わたし自身も誰に強いられるでもなく、右側の欄にあてはまることばかりです。
社会的集合意識になってきているのでしょうか。

物質より精神、組織よりフリーランス、経済優先より命優先、画一より多様性、などなど
ずっと大事にしてきたけれど、まわりからは「そんなことではだめ」と言われそうな不安がつきまとっていたのです。
でも、大事にしてきてよかった。時代のほうがそうなってくれるんでしたら、ありがたいことです。

こうしている間にも、「年収何倍!老後の不安解消!」的なPRが飛び交っているんだろうなあ。
老後の不安を減らすには、お金もたしかに少な過ぎたら不安だけど、お金だけあってもあてにならないよ。

食べものがあること。助け合えること。
食べものがあるためには、自然を豊かに守ること。
助けあえるためには、心を豊かにすること。
そうすれば、なんとかなる。たぶん。

Next »