奈良のローカル&スモールなマガジン「さとびごころ」を編集発行するマイクロ編集工房です。

2020年08月19日

奈良でローカルマガジンを発行している小さな編集工房の代表が
あまり仕事とは関係ない話ばかり、日々のことを綴っています。

 

地球環境の危機、有害な化学物質の問題、放射能、地方の疲弊や縮小、高齢化、、、。
いつの時代にもその時代ならではの課題がありますが
もしも食べるものと住むところがあれば、そして人が争わずにつながっていければ
きっとなんとかなるのではないかと思うのです。

 

ここは日本。世界にまれにみる森の国。水の国。豊かな土壌の国です。
水と緑と土があれば、生きられる。
食べるものも、素材も、自然さえあれば産みだせるからです。
あとは、それを安全に保持していけるか。そして、どれだけ心豊かに暮らしていけるか。

 

縄文時代から考えると、そもそもわたしたちは、いつも自然と調和して生きてきました。
その調和がくずれはじめたのは、長く見てもここ100年くらい
はっきりと見え始めたのはここ50年くらいの間のことです。
自然は厳しい面もあります。それに対処するのも人間にとっては死活問題でした。
科学技術の発達によって、自然の厳しさ、不便さを克服し
あたかも自然をコントロールできるかのように
人々は思うようになっていきました。自然にかなうわけがないのですが。

 

自然から離れ、便利に進化した場所は都会です。
かつては、都会だけが素晴らしい場所だと思われてきました。
たしかに都会には、都会らしい先進的な文化や大きな市場がありますが、
その反面、孤立や格差が広がり、何事もお金と引き換えで、
それを失えばたちまち幸せが遠のくような不安も感じます。
地方は、都会のようになろうとするのではなく
すでにある素晴らしさを大事にすることで、都会の人を癒すことさえ
できるかもしれません。
これからは、失いかけた素晴らしいものの良さをもう一度みつめ、
時代に合わせて社会に調和させていくことが
幸せな暮らしづくりのコツではないかと考えています。

 

何を手放し、何を求め、何をつくりだし、何を残していきましょうか。
思いは態度や行動につながっていき、やがて地域をつくります。
自然がいつまでも生き生きと美しくありますように。
人々が思いやりをもって共存していけますように。
そんな思いを、日々の暮らしの中に、小さくとも反映していけたら。

人生にはいつか終わりがあることを意識する年代になり、
ひとつひとつがかけがえなく感じられる中で
ささやかな毎日を身の丈いっぱいに楽しみたい。

そう思いながら綴ります。
友達からの便り、、、くらいのつもりで
おつき合いいただけましたら幸いです。

あなんセイコ

 

編集発行している雑誌のHPはこちら
雑誌のブログはこちら
雑誌のFBページはこちら

 

1999 オフィスエルインクとして活動準備開始
2006  オフィスエルインクとして活動開始(ローカルな企画編集・DTP・取材執筆)
2010  さとびごころ創刊に参与(編集委員・編集レイアウト エルインクとしても並行して活動)
2015  さとびごころ編集担当(カラー化・ロゴリニューアル・全ページに関わる)
2018  さとびごころ編集発行移管(全企画編集デザイン運営発行)
2021  さとびごころHPリニューアル予定

お問い合わせ、ご連絡は「CONTACT」(このページ上右端)をクリックしてくださいませ。
TEL 0742-94-6699

文章や考えをまとめるときの、相談相手に呼んでいただきました。

2021年01月14日


写真は、先日、奈良でロマンチックな雪が降った日の朝の駐車場。
綺麗だったので残しておきたくなりました。

 

 

寒いですね。畑も休みがちです。
今日はやっと再び、ポカポカした陽射しが窓から注いてでいます。
 

 

さて。

自分では気づかない自分のいいところって、人様が教えてくれることが多いですよね。

わたしがよく言われるのは
「そうそう、そういうことが言いたかってん」
「情報を整理して、わかりやすくまとめるのがめっちゃ上手やね」
「ついつい話してしまったわ。聞いてくれてありがとう」
などです。

もしかして、これって自分のいいところなのかな?

わたしが作る雑誌の編集というのは、企画して、どなたに書いていただくか考えて、
その方が企画の趣旨にわくわくしていただけるように説明して、
できあがった原稿にエンピツを入れさせていただき(入れないときも多々あります)
原稿にまとめるというワークになります。

エンピツを入れるといいますのは、校正とは違いまして、
「こんなふうにしたほうが 意味がよくわかりますよ」とか
「こういうことを加筆していただけますか」というふうに
一緒にコンテンツを作るようなお手伝いです。
内容のズレなどがあれば、このときに調整します。

執筆をお願いする方はプロとは限りません。
それを語るのに最もふさわしいと考え、ご本人も「書いてみたい!」と
挑戦してくださるケースもあるんです。(嬉しいです)
時には、
少しリライトしてご提案することもあります。

自分が言いたいことを伝えるのは、ともかく、
人様が伝えたいことのお手伝いが、どうも、得意なようです。

こんなことがお役にたつのであればと、
自称ディスカッション・パートナーとして、
聞き上手能力をいかした「話し相手業」ができないかなあと
思っております。
それを、ブックとして形にしていく、などもいたします。
ウェブコンテンツに展開することも可能です。

ピンとこられた方は、ぜひコンタクトフォームから
お問い合わせください(^^)

いやいや、話を戻します。

その「聞き上手」が幸いしてか、、、
「コンセプトをまとめたいと思っているのだが、相談にのってもらえないか」
「こういうプロジェクトを進めたいのだが、相談にのってもらえないか」
「原稿を書いているだが、読んでみてくれないか」
というご依頼をいただくことがあります。

面白いお仕事です。
わたしにお声かけくださる方ですから
「自然にも人にも」というスタンスの方ということになります。
それが嬉しいんです。

業務のひとつになっていくよう
誠心誠意おつとめしようと思っています。

Next »